2012年8月アーカイブ

メールマガジン反響!!

 営業グループ担当者です。

 
 月に1回、メールマガジンを発刊しています。 「教えてタカヤマ!」と題してDMと自社サイトの2つのツールを使用し、お客様に配信しています。原案を考え、行政書士の先生にチェックしてもらってアップする作業は結構大変な仕事です。 現在は廃棄物処理法の改正についての解説をしております。

 今回が3回目です。その中である会社の社長様から返信のメールを頂きました。


いつも情報をありがとう。
勉強と再確認ができます。
これからも情報等を宜しくお願いします。
御礼まで。

との内容でした。やっぱり嬉しいですね。また頑張る意欲が出てくるというものです。


更なる進化へ向けて。

 先日は社内で第1回目の「経営計画策定会議」が開かれ、10月から始まる新期の計画について幹部にて話し合いました。

 今期の課題は何か、数値目標はどこに置くか、各部の戦略はどうか、人事についてはなど、テーマは多岐に渡ります。私も今はまだ色々な事が頭を駆け巡っていて、まだうまく整理出来ていません。しかし、更なる成長を目指したいという思いは皆同じです。今年も10月初旬に「経営計画発表会」を予定し、皆様にお披露目が出来ると思います。

 会社というのは、おそらくどこかに竹の節目があり、ターニングポイントがあるはずです。「あの時にあのチャレンジをしたから、結果こうなった。」など、目に見えて分かる事と、結果から推測される事があります。

 私はどんな事業でも、まず会社が意志決定をして「前に進むぞ」という事を決めない限り、前進は無いんだろうと思っています。なぜなら、人まかせで偶然得た良い結果は決して長く続かないからです。

 自分達は大企業では無いので、やれる事には限界があります。しかし今の社業を通じて沢山のお客様の支持を頂き、多くの関係者の方に期待して頂いているのも事実です。

 タカヤマらしく、最も自分達が得意な分野で社会に貢献できる方法は何か、中長期的に見据えていきます。後はオリジナリティー溢れる、楽しい会社行事も考えていきたいですね。

 今以上にタカヤマのファンを増やしていけるよう、チャレンジを続けて参ります。

 

企業経営の価値。

 昨日は港区・東京カンファレンスセンターにて、商工中金様主催の「2012経営者夏季セミナー」に参加してきました。講師は伊那食品工業の塚越会長、大和ハウス工業の樋口会長、俳人の黛まどか氏と層々たる方々で、数百名の参加者で会場は埋め尽くされていました。

 伊那食品さんには昨年当社の「実務研修」でも訪問させて頂いたので、とても親近感がわきました。やはり皆さん口を揃えて言われるのは、「急成長より永続、規模より心の経営」いう事でした。高度経済成長期を知る方々だからこそ、今そういった境地にいるのでしょう。日本企業の在り方も大きく変わっていくように思えました。

 しかし今後も国の課題は続き、企業も変わらず成長戦略を描いていかなければなりません。当社も新期を目の前に控え、いよいよ来期の経営計画策定に入っています。来期当社は創業55周年、設立40期という節目の時を迎えます。更なるお客様満足と社業発展に向け、精進していかねばと心に誓いました。

 猛暑の中、お世話になっている先輩方と過ごした懇親会も格別なものでした。恵まれた環境に感謝ですね。

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。