自社を知る大切さ。

 平成25年2月1日、本日「埼玉県経営品質協議会」の方から全社の取り組みに対する審査をして頂きました。

 「経営品質」という言葉には様々な意味があります。お客様満足に向けてどう行動しているか、営業、業務品質はどうか、リスクの管理はどうしているか、それを束ねる全社方針は社員に徹底出来ているか、など切り口は様々あります。しかし、「会社の日々の行動がきちんとお客様を向いていますか?」という事が根本にあると私は理解しています。今日はそのジャッジを受ける重要な日でありました。

 内容は多岐に渡りましたが、本社とナチュア(車庫)の環境整備点検スコアボード、タカヤマ3イズムの掲示などを直接目で見て頂いた際には、大きなお褒めの言葉を頂きました。終了した後は対応した幹部一同、ほっと一安心です。

 当社は現在会社として「奨励賞」という賞まで頂いておりますが、今回はその上の「優秀賞」への挑戦。これがクリアされれば、「埼玉県知事賞」となります。そしてその上は、「日本経営品質賞」です。

 会社の存在意義とは、単なる儲けの為だけではありません。お客様、社員、及び関係者全ての方を満足させる、重要な船という位置付けであります。今回はその事にも改めて気付かされました。

 評価はこれから。当社も更なる進化に向けて益々努力していきます。



DSCN0388.JPG

DSCN0433.JPG


このブログ記事について

このページは、専務が2013年2月 1日 17:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雪かき。」です。

次のブログ記事は「HCJ2013に出展しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。