処理施設(エコジョイン北関東)

HOME > 処理施設(エコジョイン北関東)

有機汚泥・無機汚泥の処理を行い、リサイクルを促進する、
自社中間処理施設です。

当社で汚泥の中間処理を行うのは、「エコジョイン北関東」です。廃棄物の減量・減容化を目的に脱水・焼却処分を行います。処理によって生じる焼却灰や煤塵等もリサイクルしています。

処理フロー

現場から汚泥搬入・分類

現場から運ばれた汚泥は、それぞれの特性に合わせて専用の投入槽に搬入します。

●"厨房・グリストラップ汚泥""除害施設余剰汚泥""工場排水汚泥"は、二重シャッターで臭気飛散させない[投入槽1]へ。
●液状無機汚泥(土砂が多量に含まれる汚泥)は、[投入槽2]へ。
●固形無機汚泥(下水道脱水汚泥等)は、[投入槽3]へ。
●有機汚泥の中でもBOD値が高く、微生物処理が一度に大量に出来ない高負荷物は専用の[投入槽4]へ。

有機汚泥・高負荷物の処理

ドラムスクリーン

ドラムスクリーンで、1.5mm以上の夾雑物を除去、液状汚泥は凝集剤によって水分と固形物に分離します。
夾雑物は、信頼できる提携企業にて処理します。

脱水機

分離された固形物を脱水機にかけてさらに水分を除去し、脱水ケーキにします。

堆肥化工場へ搬出

分離された固形物を脱水機にかけてさらに水分を除去し、脱水ケーキにします。

排水処理

水分は、排水処理施設にて微生物処理を行い、きれいにしてから河川に放流します。
余剰汚泥は、再度脱水機へ。

液状無機汚泥(土砂が多量に含まれる汚泥)の処理 [投入槽2]

側溝や貯水池などから出る、土砂が多く含まれる"液状無機汚泥"は、投入槽で、上水と砂に分離します。 上水は、上記の脱水処理工程に運びます。
沈んだ砂は、最終処分します。

固形無機汚泥(下水道脱水ケーキ汚泥等)の処理

乾燥・焼却

下水道から出る汚泥は、その性状に応じて、乾燥・焼却処理します。
※焼却の際に発生する熱は乾燥に利用します。

排ガスの集塵・脱臭

焼却時に出る排ガスは、集塵機で煤塵を除去し、蓄熱脱臭炉で脱臭した後、きれいな状態で大気中に放出します。

焼却灰・煤塵の処理

焼却時に出た灰や、排ガスの集塵によって出た煤塵は、提携企業に搬出し、路盤材原料としてリサイクルします。

処理品目

汚泥

●グリストラップ汚泥 ●ビルピット汚泥 ●排水処理施設余剰汚泥 ●食品工場廃液 ● 脱水汚泥

動植物性残渣

*廃棄物発生工程の情報、サンプルをいただき最適な処理の提案をさせていただきます。
*油分・塩分濃度により、お断りするケースがございますので、お問合せください。

施設概要

〒367-0206 埼玉県本庄市児玉町共栄710-6
TEL: 0495-72-6565 FAX: 0495-72-6047

【操業開始】
1992年2月
【操業日】
365日
【処理能力】
脱水363m³ /日 焼却50m³ /日
【許認可項目】
産業廃棄物処分業(中間処分)
生産肥料登録
特殊肥料生産業届
肥料販売業届
計量証明事業登録(質量)

エコジョイン北関東は当社のリサイクルの中核を担う中間処理施設です。廃棄物の減量・減容化を目的に脱水・焼却処分を行います。各種公害防止設備を備えることに加え、近隣住民の方々との懇親会を通じて対話を図る等の努力を続けております。また、開かれた工場運営を目指し、環境測定データをホームページ並びに施設掲示板に公開しております。

ページトップへ