事例のご紹介

HOME > 事例のご紹介 > 排水処理施設清掃 > 【排水管洗浄(保冷ケース)】大型スーパーマーケット様 事例

【排水管洗浄(保冷ケース)】大型スーパーマーケット様 事例

大型スーパーでの食品販売コーナーにある保冷ケース(冷蔵ケース)の洗浄を実施した事例です。

大型スーパーにて、食品販売コーナーにある保冷ケース(冷蔵ケース)の洗浄を実施した事例です。
保冷ケースとは冷蔵商品を販売する際に使用する陳列ケースで、今回は保冷ケースの排水管に溜まった汚泥の洗浄を実施しました。

定期的に保冷ケースの排水管の洗浄を行わないと、保冷ケースとしての冷蔵機能が無くなるだけではなく、店内に生臭い悪臭を放ったり、保冷ケース下部から水漏れを起こす原因となります。
また、保冷ケースを清潔に保つことで食中毒の原因である雑菌の繁殖源になることを防ぎます。


1. 異物吸引
まずは陳列されている商品を保冷ケースから撤去します。
保冷ケースに陳列されていた商品を再び元通りに戻すため、陳列の順番を間違えないよう、商品を大切に取り扱います。

その後、保冷ケース排水口から強力吸引機を利用して異物の除去を行います。
保冷ケースに陳列されていた商品に付着していた小さなゴミや野菜くず、そしてまた空気中の埃や汚れなどが保冷ケース底の排水管に少しづつ溜まり、汚泥化してゆきます。
それらが生臭い悪臭を放つ原因となります。


2. 高圧洗浄
高圧洗浄車を利用して、排水管の汚れや小さなゴミを水の力で洗浄していきます。
この汚れやゴミが後に排水管の詰まりを引き起こしてしまいますので、しっかりと洗浄を行います。
弊社では、4tの高圧洗浄車と2tの高圧洗浄車を所有しており、排水管の清掃の用途に応じて使い分けています。


3. 下部点検
洗浄後、保冷ケースの下部を点検します。
保冷ケースの下部から水漏れ、また埃などの汚れが溜まっていないかどうかの確認をします。

問題がないことを確認し、最後に、元通りに商品を陳列して作業は終了となります。




お問い合わせ・ご相談はこちらから

写真:super03.jpg

super04.jpg

super02.jpg

super05.jpg

ページトップへ