事例のご紹介

HOME > 事例のご紹介 > 除害施設・浄化槽の維持管理 > 【濾材(ろ材)交換工事】大型水族館様

【濾材(ろ材)交換工事】大型水族館様

とある水族館のろ過タンクの濾材交換工事の事例です。大型のプロジェクトで、2週間以上、述べ100人以上の大掛かりな清掃工事となりました。

とある水族館で行われた、ろ過タンクの濾材交換工事の事例です。
大量の水を使用する水族館の水槽内の水から不純物などを除去するため、砂利や砂を中心とした濾材を使用しています。

長年、ろ過を行っていると濾材(ろ材)に汚れが溜まり汚泥となります。汚泥が溜まると汚れを除去するフィルターの役目を果たさなくなり、また汚れが原因で細菌などが発生し、衛生的にも水質の安定を保つことができなくなってしまいます。
そのため、定期的にろ過タンクの清掃と濾材交換が必要となります。

今回はお客様のご依頼で、ろ過タンクの清掃と濾材交換を行い水質の安定を行うこと、およびタンク内部の経年劣化の状況調査を依頼され、計6基のタンクの濾材を交換することになりました。
2週間以上、述べ100人以上の大掛かりな清掃工事となりました。


(1)安全対策
送風機でろ過タンク内の空気を巡回させ、内部の酸素濃度を測定し、作業員が酸欠しないよう、しっかりと安全を確認します。
安全を確保し、作業に取り掛かります。

(2)10トンマグナスダンパー車による吸引
まずはタカヤマが所有する車両、吸引力が強烈な10トンのマグナスダンパー車を用いて、
タンク内の濾材を一気に吸引していきます。
大量の土砂の吸引が必要となるため、総動員で取り掛かりました。

(3)手作業による濾材の搬出
マグナスダンパー車で吸引できない砂は、作業員が手作業にて土嚢袋で搬出します。
地上ではその土嚢袋から砂を出し、マグナスダンパー車で吸引していきます。

(4)タンク内部点検及び濾材充填作業
濾材を全て吸引したら、タンクの内部に損傷は無いかどうか、また錆びたりしていないかどうか、タンクの状況もしっかり確認します。

最後に決められた順番に、濾材の充填作業をして終了になります。
またこれら一連の工程を書類及び写真をまとめ、お客様に報告書として提出します。

濾材(ろ材)交換とは
雨水から中水を製造する施設や浴槽やプールの水を使用する場合、水に含まれる微小粒子(不純物、塵)を除去する為に砂や活性炭等を用い、ろ過し、きれいにして使用します。しかし、長期間使用し続けると、汚濁物質が凝固し、ろ過機の機能が低下してきます。そこで定期的な濾材の交換が必要になります。
濾材交換の注意点
【安全対策】濾過機の槽内に入る場合は、酸欠防止の安全対策は欠かせません。また、周りに計器や細い配管がたくさんあるので、破損しないよう、細心の注意が必要です。また接合部分のパッキンが傷んでいる場合は交換が必要になります。この作業を怠った場合は、長期間使ってくると水漏れ等のトラブルがあります。
濾材交換の業者選定のポイント
(1)濾材の資材を適正価格で提供しているのか

(2)直接施工で技術力があるのか。また実績は十分か

(3)廃棄された濾材を適正に処理しているのか


上記3点はコンプライアンス上、非常に重要です。またコストダウンにも直結しますので、業者選定の場合、上記の3点をヒアリングすると業者の良し悪しが判断できます。


お問い合わせ・ご相談はこちらから

写真:suizoku01.jpg

suizoku02.jpg

suizoku03.jpg

suizoku04.jpg

suizoku05.jpg

ページトップへ