[ 事例のご紹介 ]

HOME > 事例のご紹介 > リサイクルループ > 【産業廃棄物のリサイクル(廃プラスチック)】事例

【産業廃棄物のリサイクル(廃プラスチック)】事例

株式会社タカヤマは回収した廃プラスチックを資源化やエネルギー回収という形でリサイクルを行う事業も行っています。

株式会社タカヤマでは、回収した廃プラスチックを資源化やエネルギー回収により、極力資源化しリサイクルしています。また、廃プラスチックをリサイクルすることにより、環境破壊をストップさせ、同時にコストダウンも実現しています。

プラスチックのリサイクルには、大きく3種類あり、
<マテリアルリサイクル>、<ケミカルリサイクル>、<サーマルリサイクル>の3つです。

<マテリアルリサイクル>
廃プラスチックを溶かし、射出成形機でもう一度プラスチック製品や原料に再生する方法。
<ケミカルリサイクル>
廃プラスチックを化学的に分解することで化学原料に再生する方法。
<サーマルリサイクル>
廃プラスチックを焼却した後、熱エネルギーを回収して、固形燃料にする方法。

■リサイクル1 RPF化
RPFとは「Refuse Plastics・Paper Fuel」すなわち「プラスチック及び紙から得られる燃料」の略です。
産業廃棄物を主体とし、特定の事業所から排出される特定のプラスチック・紙を原料としているのが特色です。
RPFの作り方は、ごみを熱で圧縮して固形燃料にします。
固形燃料化することで、輸送や貯蔵性が向上するだけでなく、また燃料として安全に使用できる、分量に応じて熱量の予測が立てやすい、有毒ガスを発生しにくいなど、燃料として使いやすくなる多くのメリットが生じます。これによって、エネルギー回収の優れた多様なシステムを実現することが可能となります。


■リサイクル2 熱回収
受け入れた廃棄物は、熱分解ガス化改質方式により完全に再資源化されます。
無酸素状態で乾燥・熱分解したのち、最大2000℃で溶融することにより、廃棄物はスラグ・メタル・金属水酸化物などにマテリアルリサイクルされ、それぞれ再利用されます。
融解する過程で発生するガスは、洗浄・精製することによって、水素などで構成されるクリーンな精製ガスに変換され、これまでのいわゆる排ガスと呼ばれていたものとは一線を画すものです。
この精製ガスは、高効率発電システムに燃料として供給され、余剰電力は電力会社に売電いたします。




お問い合わせ・ご相談はこちらから

写真:pra02.jpg

pra03.jpg

pra04.jpg

pra05.jpg

ページトップへ