お悩み・トラブル解決事例

大きなダンパー車で一気に汚泥回収|排水処理施設余剰汚泥引抜

大型排水処理施設でも、12tまで積載できる大型ダンパー車で対応可能です。

お悩み

食品工場や大きな廃棄物処理施設等では、排水処理施設も大型であることが多く、日々大量の余剰汚泥が発生します。
通常、余剰汚泥の引抜は10tダンパー車を利用しますが、1台当たりの最大積載量は8?10t程度のため、一度にすべての汚泥を回収しきれないことも。
もう一台余計に車輌を追加するにはコストがかかる…というお悩みを抱えるお客様もいらっしゃいます。

作業内容

そのような大型排水処理施設の余剰汚泥引抜は、タカヤマで保有する「12tダンパー車」がベストです。
従来の大型ダンパー車よりタンクが大きく、さらに多くの汚泥を積み込むことができます。
1台の車輌でより多くの汚泥を引抜くことで、作業の効率化とコストダウンに繋がります。

引抜した汚泥は、弊社処分場へ運搬し適正処理。
タカヤマは、収集運搬から処分まで、一貫して対応いたします。

隠す
フリーダイヤル0120-133-650 24時間・土日も受付中 お問合せ・ご相談窓口はこちら
ページの先頭に戻る