お悩み・トラブル解決事例

専用のポンプを利用した特殊な作業|グラニュール移送・充填

グラニュール充填作業の実例です。特殊な機材を利用して作業を行う様子を動画で撮影しました。

課題

グラニュールとは、排水の嫌気性処理に使用されるバイオマスの一種です。
アルコールや糖分等が多く含まれる食品工場の排水処理施設等では、グラニュールを利用していることがあります。
グラニュールは槽やタンク内に充填された状態で汚泥処理を行いますが、時間の経過や排水の性質等により徐々に量が減少してしまうため、入れ替えや追加を行う必要があります。

作業内容

タカヤマでは、関東から中国地方、四国から関東の異なる現場へ、10t車を複数台使用してグラニュールを移送した実績があります。

グラニュールは通常、直径2mm前後の粒状であり、取り扱う際は潰さないように注意しなければなりません。
移送後、投入する際は潰さず圧送できる専用ポンプを使用し、迅速かつ安全に充填します。
また、グラニュールを充填する施設は立ち上がりで7m程度と、非常に大きな建物ですが、ポンプの強い圧送力で一気に投入していきます。

動画で解説

隠す
フリーダイヤル0120-133-650 24時間・土日も受付中 お問合せ・ご相談窓口はこちら
ページの先頭に戻る