事例のご紹介

HOME > 事例のご紹介 > 廃棄物管理・グリストラップ一元管理 > 【廃棄物管理】グリストラップ清掃の一元管理現地視察の流れ

【廃棄物管理】グリストラップ清掃の一元管理現地視察の流れ

施設清掃の一元管理を行っております。一元管理を行う事で、現地視察も効率よく行うことができ、マニフェスト伝票や報告書のとりまとめも対応できます。

清掃の一元管理とは、工場や施設などの部分的な清掃とは異なり、その施設全体を定期的に点検・清掃するものです。
この一元管理を行うことで、効率良く施設全体の点検をすることができることで低コスト化につながるだけでなく、なかなか時間が取れない業者様に代わって現地での細かいチェックリストを作成することが出来ます。


こちらは某排出事業者様の契約している処分場での現地視察の事例です。
廃棄物処分場は平成22年の廃棄物処理法の改正により、現地での確認が義務付けられました。
しかし、現地の確認をする時間が取れないというお客様に代わって、当社の一元管理チームは、法令のもと年に1回訪問させて頂いております。
優良業者様としてのチェックポイント項目を作成し、それに沿って現地視察が行われます。


1.処分場の視察
産業廃棄物を確実に処分できているかどうかを確認します。年々廃棄物の量が増えている日本では、処分場が不足しているという問題もあります。もし処分しきれていないと、土壌汚染や水質汚濁などの環境問題にも発展してしまいますので、契約書通りに処分しているかどうかをしっかりと確認しています。

2.事務所の視察
事務員の対応や事務所内の整理整頓、マニフェスト伝票や契約書の整備状況を確認します。また財務内容などをヒアリングし、安全性を確認します。排出事業者様にとってこれから先も安心して契約できる処分場かどうかを、書類なども参考にしっかりと視察していきます。

3.報告書の作成
視察内容を報告書にまとめます。細かいチェックリストの項目をもとに、最終的にこれから任せても安心できる会社かどうかの判断をして、排出事業者様に提出します。


kanri03.jpg


kanri04.jpg

お問い合わせ・ご相談はこちらから

写真:kanri01.jpg

kanri02.jpg

ページトップへ