事例のご紹介

HOME > 事例のご紹介 > 排水処理施設清掃 > 【排水処理の除害施設管理】公共施設様 事例

【排水処理の除害施設管理】公共施設様 事例

公共施設様にて排水施設の清掃、排水の水質管理および施設機器の維持管理のご依頼です。

公共施設様から「食堂や宿舎があり、大量に汚水が排水され水質が安定しにくく、専門的に除害施設の維持管理を行っているタカヤマさんに定期訪問して施設の維持管理をお願いしたい」と、お問合せをいただきました。
汚泥処理をはじめ、排水処理の除害施設の維持管理の事例を紹介いたします。


1)施設の清掃
毎週2回、2名のスタッフを派遣して施設内の計量槽や、し渣カゴを点検をします。
このとき排水によるごみや汚泥などで汚れている機器は隅々まできれいに清掃し、きれいな水質を保つようにします。


2)水質検査
排水のph・温度・透視度・残留塩素測定・DO測定・MLSS測定・SV測定・ph計電極校正など排水基準値以内で放流されているか多岐にわたる水質検査を行います。
しっかりした検査をすることで、悪臭や害虫の予防対策にもなります。


3)各種機器や制御盤などの動作確認
ポンプのフロートや電動弁が正常に動いているか確認していきます。
安心して施設運営に注力できるように各機器の絶縁抵抗測定を実施し、電気系統の状態や制御盤内の動作確認で正常な運転を維持します。


4)オリジナル報告書の作成
各種点検項目だけでなく、気づいたことも報告書に記入して、パートナーとして施設全体を良くなるように支援させていただきます。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

写真:jogai01.jpg

jogai03.jpg

jogai08.jpg

jogai09.jpg

ページトップへ