脱水処理

液状汚泥を固形物と水分に分けます

搬入

荷下ろしは屋内で

臭気を封じ込めるため、廃棄物は二重シャッターで仕切られた建屋の中に搬入。
液状汚泥は、「有機汚泥」「高負荷汚泥」、土砂が多い「無機汚泥」などに分別して集積します。

二重にシャッターを設け、
臭気の漏れをシャットアウトします。

処理棟の排気は「オゾン脱臭機」を通し、
クリーンにして排出します。

工場を紹介するめぐるくん

スクリーン

異物を除去

1.5mm 以上の異物はスクリーンで丁寧に取り除き、処理にかかる負荷を軽減します。

トラック 搬入物 しずく 槽 写真

脱水

固形物と液体に分離

凝集剤を加え、多重円盤式脱水機で固形物から水分を絞りとって脱水汚泥にします。

凝集剤を加えて攪拌し 汚泥の塊(フロック)にして 脱水しやすい状態に 矢印 余剰汚泥の場合、約10%に減容
凝集剤を加えて攪拌し 汚泥の塊(フロック)にして 脱水しやすい状態に 余剰汚泥の場合、約10%に減容

※汚泥の濃度により減容率は異なります。

固形物と水分 エコジョイン 矢印 堆肥として再利用 微生物処理のページへ行く

処理施設 TOP

バイオ技術と最新設備

オゾン脱臭と様々な工夫

ページトップへ