臭わないのはなぜ?

オゾン脱臭と様々な工夫

HOME処理施設(エコジョイン北関東) > オゾン脱臭と様々な工夫

臭いが発生する作業は
すべて屋内

汚泥の処理を行う建屋は、出入口と屋内出入口にシャッターを設置。
二重シャッターで臭気を外に漏らしません。

ここがエコジョイン

屋内からの排気は強力脱臭

屋内の排気は、「オゾン脱臭機」や「活性炭吸着脱臭」によって脱臭してから排出。
外に出るのは、クリーンな空気だけです。

焼却の排出ガスも、
脱臭・集塵して排出

焼却で発生した排出ガスは、「脱臭炉」で脱臭してから排出しています。

微生物が元気だから
臭いが発生しない

微生物処理施設への負荷を抑え、微生物が適正に働く環境を整備。
分解がしっかり行われるから、臭いが発生しません。

臭いだけじゃない!
音や景観にも配慮

焼却炉周辺に防音壁を設置し、騒音を抑止。
また、デザインウォールの設置や煙突デザインを外観と統一させるなど、景観にも配慮しています。

環境測定データなどの
情報を開示

エコジョイン北関東では、環境測定データをプラント内にデジタル表示。
さらに、WEBサイト等でも開示しています。 
> 環境測定データはこちら

ページトップへ