微生物処理

汚泥の水分を“微生物”によって分解します

微生物処理

微生物の力で水をきれいに

排水処理施設にて微生物処理(生物学的硝化脱窒法)を行います。処理槽は約1000t のスケール。
滞留時間が長いので、濃度の高い汚泥を受け入れてもしっかり微生物処理できます。

余剰汚泥は、
もう一度脱水機へ

微生物処理後のろ液を静置することで余剰汚泥を沈降分離。
上澄みのきれいな水だけを放流します。余剰汚泥は脱水工程に戻して再処理します。

沈殿槽
沈殿槽 沈殿した余剰汚泥は再び脱水処理工程へ 沈殿した余剰汚泥は再び脱水処理工程へ 環境基準値以下の水を放流 環境基準値以下の水を放流

微生物を
元気にする工夫ここがエコジョイン

  • 微生物処理工程には、加圧浮上槽で小さな固形物までしっかり除去した水分だけを投入。微生物処理工程の負荷を減らしています。
  • 微生物は暑さに弱い生き物です。冷却装置を設け、暑い夏でも水温を適度に保ちます。
  • 各処理槽にセンサーを設置し、汚泥濃度や微生物の状態を常に確認。適正なバランスで処理ができるよう管理しています。
  • 微生物が元気な処理槽では処理が適正に進むため、臭気が発生しません。
ここがエコジョイン
  • 微生物処理工程には、加圧浮上槽で小さな固形物までしっかり除去した水分だけを投入。微生物処理工程の負荷を減らしています。
  • 微生物は暑さに弱い生き物です。冷却装置を設け、暑い夏でも水温を適度に保ちます。
  • 各処理槽にセンサーを設置し、汚泥濃度や微生物の状態を常に確認。適正なバランスで処理ができるよう管理しています。
  • 微生物が元気な処理槽では処理が適正に進むため、臭気が発生しません。

排水処理の改善

  • 様々な水処理メーカー様と協業し、排水処理施設の機能改善を重ねています。
  • お客様の排水処理トラブル解決に対しても、適切なご提案が可能です。

処理施設 TOP

バイオ技術と最新設備

オゾン脱臭と様々な工夫

ページトップへ