[ 事例のご紹介 ]

HOME > 事例のご紹介 > 【ろ材引抜き工事】大型水族館様

【ろ材引抜き工事】大型水族館様

【ろ材引抜き工事】大型水族館様

担当 : 金子
水槽内のろ過機のろ材交換の作業をご依頼いただきました。
ろ材交換は初めてのお客様でしたが、工程内に無事作業完了することができ、非常に満足していただけました。予算的にも想定内で収まり、今後のろ過機清掃の参考になったと思います。

定期的なメンテナンスで水質の維持管理
神奈川県にある大型水族館でのろ材引抜き作業の様子をご紹介します。
大型水槽内での作業になりますので、転落事故はもとより、作業時の器物破損や酸欠状態による死亡事故にも注意しなければなりません。

ろ材の汚れは水質悪化を招くため、水質の色度・濁度の維持管理だけでなく、水槽内で飼育している動物たちの生命を脅かす危険もあるため、定期的な清掃・交換が必要になります。

汚泥はマグナスダンパー車で一気に吸引しますが、吸引できない箇所は作業員が手作業で汚泥を撤去します。 全ての汚泥を撤去できたら、タンク内に損傷やサビがないか確認します。

汚泥の撤去はマグナスダンパー車と手作業で
ろ材に詰まった汚れをマグナスダンパー車で一気に吸引します。機械で吸引できない細かい箇所の汚泥は手作業で対処します。この際に水槽内部を徹底的に点検し、必要あれば修繕処理します。
お客様の声 : 初めての濾材交換
「設立以来初めての濾材交換でしたが、今後もタカヤマ様にお願いしようと思います。作業中に近隣の方からクレームが入った際には、タカヤマの作業員の方が丁寧に応対してくださったおかげで、ご理解を得ることができ、スムーズに作業を進めることができました。水質管理は動物たちの健康に直結するので、今後も定期的なメンテナンスをお願いしようと思います。」
お問い合わせ・ご相談はこちらから

report_01_enoshima.png

report_02_enoshima.png

report_03_enoshima.png

ページトップへ